宗教者九条の和
事務局 〒150-0045 東京都渋谷区神泉町8-7 日本山妙法寺内

| 宗教者共同声明 | 呼びかけ人 | 呼びかけ人メッセージ |
| 共同声明賛同署名サイト ( インターネットでFAX・郵送で pdf版 ) |
| 案内チラシ(PDF) |

呼びかけ人メッセージ
(新着順)  2013年 7月23日現在

平良 修 (沖縄牧師)
 27年間の間、没人権的米軍統治下に喘いでいた沖縄が、これこそ救いの道と考えたのは、平和憲法国家に新生した日本国への回帰でした。その日本国が、平和憲法をかなぐり捨てようとしている。沖縄の日本復帰はいったい何だったのでしょうか。日本政府は、そして日本国民の多くは、平和憲法と共に、沖縄が日本国に留まるほとんど唯一の根拠と希望を抜き去ろうとするのでしょうか。沖縄を日本国に留めておきたければ、日本国は平和憲法を堅持し、徹底的に実現するしかありません。

石田 良正 (日蓮聖人門下京都立正平和の会理事長)
 安倍首相は「強い日本を取り戻そう」といっていますが、その日本とはアメリカの傘の下で、「武力で物事を解決する国」ということでしょうか。しかし、前の大戦で体験したように「武力によって武力に滅びる」のが、道理です。
 それは仏教では「因果応報」(いんがおうほう)といっています。
 思えば、昭和22年に文部省が発行した中学1年生の社会教科書「あたらしい憲法のはなし」に、日本は決して戦争によらずに、相談によって解決するという「戦争の放棄」を決めた。戦争をしかけることは、結局自分の国を滅ぼすことになると、説明しています。
 今の平和憲法は、国の最高法です。だから改憲しにくいように96条があるのです。改憲のために96条を改めさせてはなりません。

宮城 泰年 (本山修験宗管長・聖護院門跡門主)
あの悲惨な戦争を心から反省し、再びおろかな過ちを起こさないことを内外に約束して完成した憲法です。約束は守らねばならない。しかもこれほど大切な約束を世界に向けて出した心を忘れてしまうのは日本の恥です。 96条改定に反対する世論が賛成を上回ったということは国民が安倍内閣に示した良識です。改定の向こうに見えている9条を守る聲を大きく出して行きましょう。 発足集会に出られず、山の上からメッセージを送ることをお許し下さい。

瀬戸内 寂聴 (作家・僧侶)
96条改定は9条改定に結びついています。今後も日本は戦争をしない国として生きるべきです。宗教者は人の命を絶対殺さない立場に立っています。心と力を合わせて96条改定に反対を称えましょう。

有馬 頼底 (臨済宗相国寺派管長)
佛教は殺生戒を厳しくいましめます。憲法96条改定は実に愚かなことです。やがて9条に及ぶと思われます。9条は戦争につながります。絶対にとめねばなりません。

植松 誠 (日本聖公会 北海道教区主教)
平和憲法は、先の戦争の悲惨さを繰り返さないようにという平和を愛する人々の心からの願いを込めた祈りです。日本が世界に示すことのできる宝です。


久峩 良修 (宗教者九条の和・延岡)
隣国の悪口や軽蔑、けんかや、おどし、殺し合いの準備をする政治は、他国の信頼を損ないます。又、日本は前歴の懺悔を決して忘れてはなりませんね。

小林 貫寿 (日蓮宗四恩寺住職)
今(危ない日本)を作らない為に、国民一人一人が、平和について意識を強く持たなければいけない。(相和し 相敬い争いを起こしてはならない)ブッダの教え

宮本 光研 (岡山宗教者九条の会代表)
目をあけて耳を澄ませて立ちてあれ 護憲9条 街頭行動

河野 太通 (臨済宗妙心寺派管長)
9条は人類が武力に対する歴史的反省から到着したもの、世界の国々の範としてすすめたい。

谷 昌二 (日本聖公会元沖縄教区主教)
ダビデ 「あなたがたに平和があるように」ヨハネ20:19 主イエス・キリストは、十字架に命を捧げてまで、選民イスラエル国家よりも、人間一人一人の命が、神の前で無条件に、無限に尊いことを示し、世界平和への道を開いてくださいました。日本国憲法は、この真理を見事に現した奇跡的な憲法だと、私は信じています。これを覆すことは、自らの首を絞めることになることを為政者は知らなければなりません。国家の為に、国民だけでなく自らを、子々孫々に至るまで縛ることになるのです。この暴挙を、どんなことをしても止めなくてはなりません。力を合わせましょう。

石田 良正 (日蓮聖人門下京都立正平和の会理事長)
「戦争放棄」という輝かしい憲法9条を守り、世界に広めなければならない責任者が姑息な手段で改憲を策動することは許されません。

吉高 叶 (日本バプテスト連盟常務理事)
今回の改憲ステージは、これ迄のどの時代のそれにも増して、危険のレベルが高いものとして危機感を持っています。単に、対政治的な闘いとしてではなく、宗教者(キリスト者)としての信仰告白の内実を賭けた霊的な闘いとして、ある種の覚悟をもって、バプテスト連盟326教会全体の連携を興しつつ、取り組みたいと存じます。

平良 修 (日本キリスト教団・牧師)
今こそ、私たちの本気度が、覚悟が試される時です。蜂起しましょう!



お問合せ先
『宗教者九条の和』
電   話 03-3461-9363  ファックス 03-3461-9367

賛同金振込口座 郵便振替 00140-1-260524 宗教者九条の和


| 宗教者共同声明 | 呼びかけ人 | 呼びかけ人メッセージ |
| 共同声明賛同署名サイト ( インターネットでFAX・郵送で pdf版 ) |
| 案内チラシ(PDF) |

事務局 〒150-0045 東京都渋谷区神泉町8-7 日本山妙法寺内